HOME>トピックス>ゲームを作る仕事に就くために必要なことは

プログラミング言語の習得は必須

ゲームプログラマーになるには、実務経験がなくても可能である一方で、ある程度の知識や技術が求められる為、実際に仕事に就くには、より高いスキルを身に付けておくに越したことはありません。ゲームプログラマーの仕事内容は、ゲームの企画やデザイン担当が作った仕様書や企画書を元にして、実際にゲームがプレイ出来る状態にプログラミングをしていくものです。そこで、なくてはならないスキルが「プログラミング言語を習得すること」になります。プログラミング言語には、スマートフォンアプリなら「Java」「Swift」「Objective-C」など、ブラウザ上のゲームなら「Java」「Flash」「Ruby」などがそれにあたります。どれを学ぶかは将来性や自分が作りたいゲームに対応したものを選んでも良いでしょう。

学校に通って学ぶ

ゲームプログラマーになるには学ぶ為のスクールが沢山あり、中でも一般的なのが「専門学校」のゲームクリエイターやプログラマー科などで学ぶ方法です。専門学校で学ぶことの利点は、すぐに仕事に役立つ技術を学べる点にあります。授業内容もプログラミングの基礎はもちろん、実際にゲームを作っていくカリキュラムに多く時間を割いています。また、就職先とのパイプを持っている学校も多く、就職に有利な点も大きいでしょう。

オンライン講座など独学で

スクールに通う以外に、ゲームプログラマーになるには独学で学ぶ方法も可能です。最近はオンライン講座などで学べるところも増えていますし、テキストを購入して自分のペースで勉強することも出来ます。順序としては、ゲーム企画や開発の体系的仕組みが理解できる参考書などで全体を理解し、それからゲームプログラマーに必要な言語を習得していく方法が良いでしょう。

広告募集中